チャプチェってどんな料理?

柔らかくもどした唐麺(タンミョン)と呼ばれる春雨と、細切りにした牛肉、同じく細切りにしたニンジン、タマネギ、ホウレンソウなどの野菜、シイタケやシメジ、キクラゲなどのキノコ類をゴマ油で炒めあわせ、醤油、食塩、砂糖などで甘辛く味をつける。

器に盛ってゴマをふりかけ、彩りとして糸状に切った唐辛子などを飾って供する。

雜菜という漢字表記の通り、もとは野菜だけの炒め物であったとされるが、後に春雨を使うことが一般化された。また韓国の春雨はさつまいものでんぷんから作られており、日本で一般的に市販されている春雨に比べるとかなり太い。

日本の韓国料理店ではお惣菜的な扱いをされており、韓国でも料理の付け合せや韓定食の一皿として出されることが多いが、お祝いの席や多くの客を招く際などに作られる伝統的な前菜で、宴席料理でもある。

また、チャプチェをご飯の上に盛ったものを「チャプチェパプ」(잡채밥、 雜菜飯)といい、大衆食堂や中華料理店の定番メニューである。

ウキペディアより

チャプチェってどんな料理?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">